プチ断食と併用して、市販の酵素ドリンクを利用して、

酵素ダイエットをする人が増えていますね。













果たしてこの市販されている酵素ドリンクですが、

”飲んでも効かない・・・”

という口コミが多いことをご存知でしょうか?




なぜなら、



市販の酵素ドリンクは熱処理されてるため

酵素の多くは壊れているから!



5fd4fda230c304d2380c4ebdb5bf1d52_s.jpg




酵素というのは、熱と油にとても弱く、熱処理をすれば

酵素は破壊され、本来の働きはできません。





しかし、熱処理をすることは法令で決まっているため、

酵素ドリンクは必ず殺菌処理されて市販されています




もちろん、全ての酵素が壊れるわけではなく、中には

100℃以上の熱に壊れない種類の酵素もありますし、たとえ

壊れたとしても栄養分は残るものもあるのは事実です。





しかし壊れた酵素は、購入価格ほどの効果をもたらしてはくれません



わずかな生きた酵素を購入するためだけに高いお金を払うのは、

コスパが悪すぎると思いませんか?



これが、


「市販の酵素ドリンクは意味がない、効かない」


と言われる理由です。









年齢とともに減少する体内酵素を補うためには、

熱処理をしていない生野菜や食品などを

たくさん食べる必要があります。










ところが現代の生野菜は、栄養分が少ないスカスカのものばかり。

食品も、熱処理された加工品やインスタントが主流です。






a0002_001102.jpga0002_001202.jpg






食品に含まれる栄養素も酵素の量も、極端に少ないのが現状。






体内の酵素を増やすためには、


酵素を補う方法
    
 ↓

 ↓

 ↓

体内で酵素が勝手に増える仕組みを作る



このように考え方をシフトしないと、本当の酵素ダイエットは実現できません。





では、体内で酵素が勝手に増える仕組みを作る方法とはどういったものなのでしょうか。





酵母菌が体内で酵素を作り出す


酵素ダイエットとは?