体内の酵素を増やすためには、2つの方法があります。



1つは、酵素を形成している元である「アミノ酸」を、種類・量ともに摂取すること。

もう1つは、体内で酵素を増殖してくれる酵母菌や乳酸菌を摂取すること。



■たんぱく質である酵素は、アミノ酸からできています


食べ物は体内に入ると、一度「材料」のレベルにまで分解され、体の各部分に必要な成分に再構成されて体

を作っていくのです。


酵素も同様で、酵素をそのまま食べたとしても、実は体内ではそれがそのまま酵素として働くわけではあり

ません。




体内に入った酵素は、一度アミノ酸という”最小単位の材料”にまで分解されるのです。


せっかく摂取した酵素ですが、体に酵素が必要ならば酵素として再構成されますが、皮膚がひどく傷ついて

いたり、内蔵が著しく弱っていたりしたら、アミノ酸はそちらの修復に使われてしまいます。



体内の酵素量を増やそうとしているのに、酵素ではなく他の組織に使われてしまう場合が多いのです。


だったら、はじめからアミノ酸を摂りましょう!


人の体に必要なアミノ酸は20種類あるので、種類と量を意識して摂取することで、必要とあらば体内で酵

素に変化してくれるわけですから。



アミノ酸の種類、量ともに豊富に含有しているのは「黒酢」です。

黒酢は、ほぼ全てのアミノ酸を豊富に含んでいる、まさに人の体の為に存在しているような食材です。


酵素ドリンクでもいいのですが、コストパフォーマンスを考えると黒酢のほうが効率的ですね。


ただ・・・黒酢を毎日、飲む習慣をつける自信があるでしょうか?

一時期、黒酢がブームになったことがありました。
スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど、あらゆるお店から黒酢が消えた事がありました。


しかし、多くの人が黒酢を毎日飲み続けることができませんでした。

やはり、こういった事は”続けてこそ効果を発揮する”ものですから、どんなに健康に良いからと言われても、続けやすくなければ意味がありません。


毎日、黒酢を飲み続けられますか?

黒酢でなく、酵素ドリンクでも同じこと。毎日、ドリンクをコップに移して飲み続けられるでしょうか?

コップを洗う手間など、毎日行うことを想像しただけで、多くの人は「無理、続かない・・・かも」と思うでしょう。


健康な体を作るには、”継続”抜きには考えられません。

飲み続ける事が簡単なこと、そして加熱処理していない、本物を飲むこと。
結局のところそこが一番、健康な体を作るのに大切なことだと思います。